パパ活やめる

パパ活やめる パパ活
パパ活やめる

人と人との関係は、出会いがあれば、別れる時もやってきます。

今回は、パパ活の別れについて、お話ししますね。

パパ活って? という人は、こちらから。

パパ活を終わらせようかなと思うとき

楽しかったパパ活も、いつかは終わるときがきます。

理由は色々ありますが、別れたいと思うのは、

・セクハラが増え、体の関係を迫られた
・自分の彼や親、相手の家族にパパ活がバレた
・暴言を吐かれた
・お小遣いをケチるようになった
・週1会うのも苦痛に感じ始めた

のようなことが増え始めるタイミングが多いようです。

別れたいと思ったら、それは、終わらせる時が来ています!

無理に続けていたら、心が病んでしまいますので、ここの決断は早い方が良いでしょう。

では、上手な別れ方とは、どのような終わらせ方なのでしょうか?

上手な終わらせ方

パパ活やめる

まず一番大切なのは、「相手に納得して別れてもらう」ことです。

納得してもらうためには、「実家に帰る」・「家族にバレた」・「転勤のため」など、相手にもどうしようもない理由を伝えることです。

別れ話をするときに、今まで援助してもらったことに対する感謝を心から(演技でも大丈夫です)伝えます。

相手が別れ話をするだけで、逆上しそうなタイプの場合は、自然消滅への方法を取った方が無難な場合もありますね。

無事に別れ話ができたら、サイトや、アプリへの登録をしっかり削除して、念のため登録情報の削除を依頼しておきましょう。

パパ活中に注意すること

パパ活は、必ず終わる時がやって来ます。

その時のスムーズな別れのために、パパ活中に注意しなくてはいけないことをお伝えしておきますね。

パパに頼まれても一緒の写真を撮らないこと

楽しいときは、気が緩みがちですが、これは、別れ際に「別れない材料」にされることが多いので、注意しましょう。

特に体の関係になった相手と、行為中の写真を撮られると、相手によっては大きな問題に発展することもあるので、絶対にNGです。

*体の関係になる前には、性格を良く見て、執着しそうな人とは、線を越えないようにしましょう。

個人情報を与えない

こちらも写真と同様、別れが来たときに、ストーカーになってしまうパパや、別れを嫌がるパパが出現するのを防ぐために、パパ活中に教えてはいけない内容です。

本名・住所・LINE等SNSの連絡先などを伝えてしまうと、家の前で待ち伏せされたり、ネットに本名を晒されたりしてしまうので、気をつけましょう。

まとめ

人生、無駄な時間は一瞬もなく、全てが学びです。

最初は楽しく過ごせたパパとの時間も、だんだん魅力がなくなり、色褪せます。

そんなとき、自分が無駄な時間を過ごしたと思うのではなく、色々なことを学ばせてもらって、ありがたいな!と考えるようにしましょう。

全てのことは、次の時間のために起こっています。楽しんでいきましょう!

タイトルとURLをコピーしました