パパ活をすること

パパ活をすること 恋愛
Image by Kalé Jimenez from Pixabay

婚外のセックスを求める場合、いくつかの選択肢が存在します。

その中で、一番恋愛に近いのがパパ活なのでしょうか?

今回はパパ活について、掘り下げてみましょう。

パパ活とは

パパ活をすること
Image by Igor Link from Pixabay 

本来は体の関係なしに、食事やデートを楽しみ、お小遣いを稼ぐ活動のことをパパ活と定義されています。お父さんに娘がお小遣いをねだるのに似ていることからついた名前のようです。

実際に食事をするだけの何人かのパパと、月に何度か会っている子や、毎日のように色々なパパと体の関係を持ちながら、稼いでいる子もいるようです。

マッチングアプリの中で、パパ活専用のアプリもあるというのですから、便利なような、怖いような世の中です。

パパの種類

建前上、体の関係のない婚外恋愛の相手を求めるパパたちは、下記のようなグループ分けができます。

太パパ

一回の単価が高く、時には海外旅行に連れて行ってくれるパパは、太パパと呼ばれています。きっと使いきれないほどのお金があり、パパになりたい気持ちが強い人が太パパになるのだと思います。

月極パパ

月の料金を決めているパパのことは、駐車場のような呼び方をするようです。

内容はそのパパによるのですが、月々の収入が決まっているのはありがたいかもしれませんね。

都度パパ

デートのたびにアプリで相手を探し、会ってから体の関係になっても良いかを決める相手は、都度パパと呼ばれます。ルール上、食事だけで良いけれど、話が合えば、次の値段交渉をするという駆け引きも生まれます。

パパとの出会い

アプリ• SNS

若いサラリーマンや、あまり裕福ではない男性が風俗と同様の感覚で登録しています。こちらは色々なトラブルも発生しているようです。

登録時の内容詐称や、アプリを通さない支払いについても、約束の内容をもらえない場合もあるようです。

交際クラブ

男性会員には、高額の入会金・会費を求め、身元紹介までしっかりしている交際クラブだと、一定の経済力は保障されています。

お金をもらい損ねたり、トラブルに発展する確率は低いかもしれません。

おしゃれで、上手なお金の使い方を知っているこのランクのパパたちは、きっと話も面白く、魅力的なのでしょう。

風俗から発展

キャバクラやラウンジで出会った相手をパパ活の相手とする場合もあるようです。

元々仕事上の客とホステスの関係が少し変わるだけですので、パパになる可能性は高いでしょう。

パパ活をする女性たち

パパ活をすること
Image by Engin Akyurt from Pixabay 

生活

完全な風俗ではなく、ホステスという業種とも違うパパ活を選ぶ女性たちは、どんな生活をしているのでしょうか?

一番多いのは、大学生や、OLで、パパ活で得たお金は主に生活費や奨学金の返済にまわっていくという結果が発表されています。

パパ活の理由

ということは、ブランド物を持ちたいという欲ではなく、自分の成長のためのお金を自分で払っているということになるのですね。

そのような明確な理由も、パパになって、援助したい・支えたいと思う男性の気持ちにぴったりなのでしょう。

社会の不景気さも、親たちの収入を上げることに逆風なので、自力で稼ぐ女性が増えているのかと思われます。奨学金として、年間100万円を借金し、親からの仕送りもなければ、彼女たちも稼ぐ方法を考えます。

バイトに費やす長時間で、勉強の時間がなくなることに比較して、効率よく時間を使えるパパ活を選択肢の一つとする女子が増えているのです。

パパ活を続けるなら

生活のために始めたパパ活の目的を見失わず、目的が達成されて、パパ活が不要になった時には、キッパリと足を洗う気持ちでしてほしいと思います。

他にパパ活をしている人と自分を比較することはせず、しっかりと目的を明確にしてもらいたいですね。人との比較は良い結果を生みません。

援助交際や愛人契約、風俗というお金の獲得方法より、少し緩いイメージの「パパ活」という言葉で、自分自身を許しすぎることのないようにしていきたいですね。

この活動を無駄な時間にしないために、最後には転職活動が必要な「労働」形態と考えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました